自分から見た自分は

2019年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分から見た自分は、ちっぽけかもしれない

でも本当は、ちっぽけなんかじゃないんだよ。

とても大切な相棒。その相棒を少々過小評価し過ぎてはいませんか?

 

人が生まれるって奇跡のようなもの。あなたが生まれたのだって奇跡。

そのことが当たり前になっているから、私なんてって言いだすんだよね。

 

この世には生まれてこられなかった命が沢山ある。

私だって、二人の子どもを授かったけれど、三人の命は授かれなかった。

 

そんなことでもない限り、生まれてくるのが当たり前。

次男を生む時には、気にしてもどうにもならないことにまで神経を尖らせて、どうか無事に生まれて来てください!と神様にお願いをしていた。

 

命はバトンのようなもの。繋げるか、繋げないかは、その瞬間しかわからない。

万全を期しても、そうなるとは限らない。出来ることは自分を信じることくらい。

 

それでも信じる力は途轍もない力を持っているから、人は色々なことを成し遂げる。

 

せっかく授かった命だから、一度だけとことん自分を信じてみようよ!

 

特に難しい資格も、技術も要らないこのことを、

一回だけ徹底的にやってみようよ!

 

私の知っているシンガーさん達は、自分を信じてそうなるって決めてるよ!

そのために必要なことしかやらない。すごくシンプル。

 

彼ら、彼女らといると自分を信じることの大切さがよくわかる。

自分を信じるなんていちいち意識せず、普通にそうしている。

学ぶことばかり。

 

大人になれば成る程、背負うものがあればある程、思考が邪魔をしてがんじがらめにしてしまう。

もう一度だけ、スタート位置に立ち戻りリスタートしてみませんか?

 

自分から見たらちっぽけかもしれないけど、

自分ってなかなかやるもんですよ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性にある三つの悩み
トップへ戻るボタン