手放すって何?

2018年7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

手放すって何?

手放すって良く聴くよね。聴くたび、別に握りしめてないけど…って思っていたりしない。

執着って凄く無意識にしてるから、

考えても見ない事を握りしめていたりするんだよね。

無意識なんだよね。

だから一旦立ち止まって見てみる事が必要かも。

例えば、職場の口うるさいあの人、頭に浮かぶ大好きなあの人、買いたいあの服、支払わなければいけないアレコレ、

意外と色々出てきたりするのよね。

まずは一旦受け入れて見て!

あのね、それらは決して悪い事じゃないから、「あーそうね!あるある。」って一旦素直に受け入れてみて。

そこからじゃないと始まらないのよ。

いやいや、別にそんな事思ってないし、とかさ。

自分に誤魔化しは効かないでしょ。だってそうなんだもの。

いいのいいの、そんな私も私です。

ただね♪

四六時中それに思考が支配されている事には気づいてね。

それを執着といいます。

では、何故人は執着するのか?

そうね、

それは、どうしても、何が何でも叶える!ってとんでもない力と圧を加えて握りしめて絶対に叶えてやる!と呪いに近い念で叶えてやるって力が入るからです。

ところが、

残念ながら念を込めれば込めるほど、

叶えてやる!と力を入れれば入れる程、

それは叶わぬものへとなっていくのです。

だから手放して!っていうのです。

まさかまさかの手放すと入ってくる法則

信じられないけどね、手放したら入ってきちゃうのです。何でしょうね、この天邪鬼のような仕組み。

取りに行って握りしめたら手に入らないのに、まいっか!と手から離した途端手に入る。

頭こんがらがるよね。

でもこれが最大の秘訣です。

そしたら、いつの間にが、欲しいと思っていたものは私の手の中にあった!になってるんです。

だから、

手に入らないな、とか。上手く回らないな、とか。思ったら手放す。

いけない、いけない、握りしめててた。

そうやって時々、自分の両手を見てあげてくださいね。

人は身軽に。そして、今の自分が100点だってことを忘れないでね♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お母さんにある三つの悩み
トップへ戻るボタン