今COCO100

2018年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

今COCO100

本当は今ここ100なんですけど、我が息子(次男)のニックネームがCOCOなので、そこにもじってみました。

彼の目下の目的はサッカーが上手くなりたい。中学校3年生で転任して来た先生と水中下に潜んでいらした先生。このお2人が今年度の顧問になられた。

朝練からトレーニングから今までの何倍も練習量が増え、トレーニングメニューも充実して嬉しくて仕方がない次男。

先生の指導のひとつひとつを丁寧に吸収していく。

奇しくも、引退試合は途中敗退。

普通ならそこで3年生は引退。

ところが、顧問からの思いがけない提案。3年生に「8月までやらないか!」という願ってもいないチャンスがやってきた。

3年生という事もあり、辞める子もいた。取り敢えず残る子、喜んで残る子、様々だった。

もちろん、顧問から保護者宛に丁寧なお手紙も頂いた。どちらでもご家庭ごとにお選びください、的な文面だったと思う。

我が家は親子一致で残留決定!

どう考えたって、そんなに四六時中勉強する訳もなし、携帯いじったり、ダラダラするくらいならサッカーをやって汗を流す方が効率がいいんじゃないかと、私は思う。

そうじゃなくても、次男がやりたい!それだけで残留の理由としては十分。

高みを目指し、高みに近づこう!高校生との練習メニューも組んでくださっている。

ランニングメニューも作ってくれている。

兄がそれをみて、俺もそんな顧問に当たりたかった。と呟いた。

高校に行って部活に入って、そこのあるなしは大きな差を生むらしい。

いい先生に当たったね!そう言って一緒に走ったり、練習したりしてくれている。

人は動く

次男みたいな思いが現実を動かす。次男みたいな気持ちが道を切り開く。今COCOを100として淡々とやり続ける人に、現実が動き、前に歩けるんだと思う。

幼稚園のマラソン大会では3年間の間で2年間、スタートして30メートルも行った坂道で転んでラストで帰って来ていたあの次男が、

今や、先頭きって走っているという現実。

やり続けるものに勝るものなし。淡々と歩き続けるものに勝るものなし。

我が子ながら頭がさがる。

そうしながら、部長として時にみんなに嫌がられることも言わなくてはならない。

自分を信じていなければとうていやれる事ではない。これからも子育てというより、

共に育つ、共育をしていきたい

 

我が息子に学ぶ毎日。今日は熱中症で帰って来た。私に出来ることは、手当てとご飯と見守ることくらい。ま、それ以上はしなくていいこと。私も私を信じ、彼のことも信じているからね。それでよし!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お母さんにある三つの悩み
トップへ戻るボタン