自我の目覚め

2018年7月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

恐れを覚悟して敢えて言うならば、保育士の仕事を選ぶ人は自我との向き合いが必要なんだと思うの!

自我が強いんだよね。こうして欲しいのマイワールドが人より強い。

長年これが苦手で何度となくこの業界を離れたいと思ってきた。

もちろん、自分も強いから選んだ職業だと思う。

とにかく、こうすべき!が強い。人によっては力づくで思い通りに持っていく。もしくは苛々して同僚、もしくは当たり易い所に当たる。

他を受け入れるのがとても下手くそ。

色んな意見がある!と言うことを子供達には言うが、こと自分となるとわからなくなってしまう。

そんな特徴のある人が保育士を選ぶ事が多いと思う。

では、何故この環境を選ぶのか。

それは簡単な話しです。

子供を通してそれを体験する。そのためでしょう。

が、しかし、

それが出来れば苦労はしない、のですが。なかなか人のふり見て我がふり直せとは行かないんです。

そこはちょっと困り者。

なので、保育士で婚期を逃すのはその辺の幼さ故に起こることも多々あるのでしょう。

せっかく小さな天使達が導いてくれているのですから、

教わる謙虚な気持ちを持てるといいですね。

そんな風に感じる私です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お母さんにある三つの悩み
トップへ戻るボタン