名字が同じになっても

2018年3月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

名字が変わったら幸せになれると思っていた。

ザックリ過ぎて少し雑な言い回しだが、要は結婚して一緒に生きていかれたら幸せの方向に動くエスカーのように進めると思っていたのかもしれない。

言わなくてもわかってくれるだろう、とか。

これくらい、とか。

でも、違っていた。

籍が入っていてもいなくても、何にも変わらない。

着眼点が違うっていうことにどれだけの人が氣づいているんだろう。

ママ友達が吠える、うちの旦那は私の事を何にもわかっていないと…

あちらにしてみれば、その言葉そっくりのしを貼ってそっくり返したいんだろうな、って思う。

幸せの勘違い。春の種の勘違い、そんな事を4ヶ月かけて修正して来た。

私も同じ人の子。

わからないことだらけで、失敗だらけ。だからこそ、他力を借りているし、そこに素直に向き合っている。

昔の私ならその事を言わないでいたかも知れない。

人様のセッションをさせていただいているのに、自分がダメダメなんてあってはならない!ってね。

馬鹿です、だから私も他力を借りて、あなたにも私の出来る事をやらせていただく事が出来る。

無知で傲慢な自分も受け入れて私です。ブラッシュアップするからこそ、人と真摯に向き合える。

そんな私です。いきなりのお申込みなんて言いません。ですが、逢いに来てください。

裏も表も、縦も横も、上も下も、見に来てください。等身大の私に!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お母さんにある三つの悩み
トップへ戻るボタン